Text Size :  A A A
|  Diary  |  About us  |  Link  |  Contact  |
Img20090518112611
Img1b20090518112611
Img2a20090518114620
Img2b20090518114620
Img3b20090518114324
Img3c20090518114642
ゴールデンウィークに長野へ。

長野は静岡に住んでいない頃は良く行っていたが(静岡からは行きにくい。。。)
最近は山登りに行くぐらいしか機会がなかった。
「一食一会」 (Click!) とい本の中に書かれていた「職人館」という店に
どうしても行ってみたくなって、この旅を決行。
なかなか面白い旅になった。

日の出の頃には富士山付近を通過。
まずは松本の街に寄って。。。
国宝松本城の中に初めて入った。
日本は本当に木の文化なんだなぁと改めて思う。
城ってなんとなく、木のイメージがなかったが
入ってみると、重厚な梁や階段、長年使われてきた歴史を
感じるとても美しい内部。

中町通りへ向けて歩いていると
面白い古本屋発見。
ちらっとのつもりが、面白い本が色々あって
大興奮。それもゴールデンウィーク中、全ての本が
半額!!装丁のすてきな本を3冊ほど購入。
娘さんが開いているネットショップも教えてもらう。
青翰堂分店  (Click!) 

お腹が減ったので、ふらりと入ったカレー屋さんでは
意外な出会いが。
なぜかお店に飾られている型染めの型紙。
なんでだろうなぁ?とあたりをキョロキョロ見回していると
お店のマダムが、説明をしてくださった。
マダムのお父様の作品で、
芹沢銈介さんのお弟子さんでもあった
三代澤本寿さんでした。
お店には三代澤さんの作品が飾られています。
色々お話を伺って、松本市立博物館に行くことを
すすめられました。

Img20090518115443
Img1b20090518115443
Img1c20090518115521
Img2a20090518115559
Img2b20090518115559
Img2c20090518115617
Img3a20090518115756
Img3b20090518115756
Img3c20090518120349
Img4a20090518120349
Img4b20090518120418
Img4c20090518120418
松本市立博物館にて。
Img20090518120657
Img1b20090518120657
Img1c20090518120747
Img2a20090518120747
Img2b20090518121804
松本を後にして、小布施へ。
小布施にはとまと屋加藤さんのお友達、曽我さんのワイナリー (Click!) がある。
ANAのファーストクラスのワインにも選ばれ大人気。
ワイナリーもにぎわっていた。
昨年加藤さんに紹介してもらい、伺って色々お話をさせてもらったが
本当に本当にワイン造りが大好きな方。
頭の悪い私たちは頭フル回転させても追いつかない状態だった(涙)
今回はお会いできなく残念。

友達の展覧会もたまたま小布施で開催されていることが発覚。
作品を見させてもらう。 (Click!) 
昨年よりも、気持ちが強い感じを受けた。
何か変化があったのだろうか?!と早速メールする。
お互い、表現の場所も住んでいるところも違いはあるが
頑張ろうぜ!!と励ましあえる友。
私のことを名字で呼び捨てにした
女友達は彼女ただ一人だな。
Img1b20090518122544
Img1c20090518122606
Img2a20090518122709
Img2b20090518122709
二日目、朝は長野 善光寺御開帳ということで、
行ってみることにした。
が、、、、激激混みでビックリ。。。
どこからこんなに人が?!というくらいの人。
当然時間がないので、ずっと並んでもいられず
秘仏などは見ずに退散。
久々に虹に出会う。
Img20090518123210
Img1b20090518123210
Img2a20090518123240
Img2b20090518123240
Img2c20090518123401
Img3a20090518123321
Img3b20090518123321
Img3c20090518123421
そしていよいよ、メインイベント「職人館」 (Click!) へ。
ものすごい所にある。
とてもお店があるような雰囲気の道ではなく
どんなところなんだろう??とワクワクしながらゆくと
意外に簡単にお店は見つかった。

サービスをしてくださった方がとてもお酒好きだったようで
私たちの酒好きを敏感に感じ取ってくださった(笑)
一番美味しいお酒をすすめてもらい、
こんなに飲むはずじゃぁ、、、というくらい飲んでしまった。
今とってきたばかりの生のアスパラがのっているサラダを
いただきつつ、ぐい飲みで職人館限定酒を飲む。
サラダとは、蕎麦屋というイメージからは想像がつかないが
面白い。そして美味しい。
もちろん蕎麦も美味しい。味が濃いなぁ。
美味しいものって素材の味が濃い。ここでいただいたものは
全てそれぞれの個性が活き活きしている感じだった。
また訪れたい、、、遠くても行きたくなるお店だ。
Img20090518130307
Img1b20090518124715
Img1c20090518124738
Img2a20090518124811
Img2b20090518124811
Img2c20090518124830
Img3a20090518124905
Img3b20090518124905
Img4a20090518125006
Img4b20090518125006
Img4c20090518125055
Img5a20090518125055
Img5b20090518130021
「職人館」では色々おもしろいものが置いてあった。
「へんくつ街道」というのが面白い。
今回は時間がなく、へんくつ街道を行くことができなかったが
次回は回ってみたい。
ボローヤの会マップというのもあって、
そこに載っていたお店や酒蔵を回ることにした。

YUSHI CAFEへ。 (Click!) 
コーヒーを飲みに。
地元のじいちゃん、ばあちゃんの会合が開かれたりしていて
地域密着な感じで素敵な喫茶店でした。
店主の方のおだやかな感じがとても印象的。
もともとおじいさんがやっていた骨董屋さんを改造したそう。

その後は茂田井という宿場町にある酒蔵へ。
いや~~ここがまたいいところだった~。
しんみりと時間がとまったような美しい町。
その昔、あの篤姫もこの道(中山道)を通ったそうだ。

あまり決めこまずにふらふらと流れるままの旅。
その方が驚きや発見も多く楽しい。
旅先で出会った方の笑顔は印象的。
Img20090518131213
Img1b20090518131647
Img1c20090518131647
松本の青翰堂で仕入れた本。
色使いがきれいな夢二の本と、
白秋全集の童謡編。ベルベットの表紙には驚き。
こんな贅沢な本を作っていた時代があったのですな。
この他に明治版「我が輩は猫である」も購入。

Img20090518131815
Img1b20090518131815
Img1c20090518131849
Img2a20090518131849
Img2b20090518132315
Img2c20090518132315
近所に面白そうなカフェができた。 (Click!) 
以前から何ができるのだろう?と楽しみにしていた。
意外や意外、面白い動物にも会えて楽しい時間を過ごせた。
面白いハーブも売っていて、家に何個か連れて帰る。
オーナー夫妻もご近所さんだったことが発覚。
近所のよしみということで、
美味しいローズマリーの苗をいただく。

たまには外に出てランチするのもいいもんだなぁ。
季節がいいとなおさらですな。

ジャークチキンが旨かった!
Img20090518132741
Img1b20090518132741
Img1c20090518132754
Img2a20090518132823
Img2b20090518132823
Img2c20090518132839
Img3a20090518132910
Img3b20090518132910
Img3c20090518132928
Img4a20090518133530
Img4b20090518133530
以前も紹介した秘密の花園。 (Click!) 
いよいよバラのシーズンがやってきました。
雨の中でしたが、一番いい時に見たいなぁということで
行ってまいりました。
バラって本当に絵になる花ですな。
色も豊富で、どれとして同じ色はない。
バラ以外の植物もめずらしいものも多くて
見ていて楽しいお庭。
枇杷の木にからまったバラもオツですな。

MOGUさんにもお会いできました。
バラの写真より、この方の写真の枚数の方が多かった。。。
う~む、飽きないなぁ。
Img20090621232758
Img1b20090621232758
Img1c20090621232859
Img20090621233835
いつものお魚屋さんでまめあじを購入。
先にきていたお客さんがまめあじを購入しているのを見て
「どんな風にお料理されるのですか?」と質問したら
快く教えていただいた。どうやら素揚げが一番のようだ。
それでは家でも!と連れて帰った後
早速素揚げにして、揚げたそばからいただいた。
ウマイ!!
素材がいい場合は、シンプルが一番。
そして揚げたてが一番。
Img20090621234345
裏山の散歩道でLABOさんが摘んできてくれた野苺。優しい味。
Img1b20090621234440
弾いているようにみえますが、いじってるだけです(笑)
Img1c20090621234440
相方の誕生日だった為、メンバーの1組の夫婦が2つもケーキを作ってきてくれた~
数年前から「還暦会」という仲間で月1で会合を開いている。
ネーミングが怪しいが、まぁ、一緒に歳を重ねながら
面白いこと、楽しいことやっていこうよ~的な会。
最初は8名くらいだったのが、今や倍の16名。
怪しげな集団になりつつある。。。
みんなで集まれる場所が限られている中、
前回から参加となったLABOさんたちの工房を借りて
今月はもちよりパーティーとなった。

いや~、やっぱりお店で集まるのとは違って
自由だし、いろんな人と話せるし、食べ物も美味しいし!
とにかく最高に楽しい夜となった。

メンバーの一人はヴァイオリンが上手!みんな初めてヴァイオリンを弾かせてもらう。
写真で弾いている!?ように見える人物は、触らせてもらってるだけ(笑)

相方が持っているのはM氏からのプレゼント。
うちのパピエの似顔絵をそっくりに描いてくれました。額は漆喰。

みなさま、ありがとうございました~。
Img20090621235416
Img1b20090621235416
Img1c20090622000231
鶴見のはずれで撮影。
撮影の度に、フォトグラファーの仕事はすごいなぁと思う。
同じ目で見ているはずの世界が、
切り取られた瞬間に別の世界になってしまう。
今はデジタルになった分、その場で写真が見られるだけに
余計に驚いてしまう。
そして、おやつや飲料の差し入れが楽しみ。
日本のお菓子や飲料の移り変わりの早さに毎度ビックリする。
3ヶ月周期で撮影はあるのだが、
3ヶ月の間にいったいどれくらいの新商品が出てるのだろう?!?
写真のお菓子はイギリスのポテトチップス。
なんと、しゃれていること。。。素敵。
SEA SOLTEDだから、海の風景なのね。。。
このようなパッケージ、
日本でやろうとしても絶対OKでませんな。
Img20090622000400
Img1b20090622000400
Img1c20090622000411
まだまだ語れることはありませぬ。。。
道のり長し。。。
Img20090622000544
Img1b20090622000544
Img1c20090622000701
Img2a20090622000634
Img2b20090622000634
Img2c20090622000634
10年ほど前にお仕事をさせていただいた方と
縁あって再会することになりました。
いやはや、縁とは不思議なもの。
そのご夫婦は以前から私の日記を見て
「MOGU」に大変興味をもたれていました。
たまたまこちらの方へ遊びにこられるとのこと、
それでは「MOGU」に是非会いにいきましょう!
ってな訳で、お連れしました。
大興奮なお二人。
というか、この猫を見て反応しない人もいないだろう。。。
秘密の花園体験。
ある意味、本当の秘密とはこの猫のような気がする。

その時の様子はこちらにも。 (Click!) 

秘密の花園オーナーのブログも是非。 (Click!) 

Img20090622001901
Img1b20090622001901
Img1c20090622001944
友人の紹介で、面白いところへ。 (Click!) 

写真はその場所で見せてもらった映像。
ボリショイサーカスをただただ撮った、マニアックなロシア映画。
最初、熊の着ぐるみかと思いきや、本物。すごすぎるし、笑える。
昭和40年代の歌謡番組。スネークマンショー。などなど。
涙流して笑いました。
オーナーもとってもいかした方です。

ここへ行く前に連れてってもらった中目黒プラッタ (Click!) 
もとてもおいしくて、くつろげる、楽しい空間でした。

それにしても濃厚な1日だった。。。
Img20090622002607
Img1b20090622002607
Img1c20090622002623
Img2a20090622003223
Img2b20090622003254
Img2c20090622004605
またまた面白いところへ連れていってもらう。
以前からお会いしたいなぁと思っていた方。
最近なんだか会ってみたいなぁと思っている人に
すんなり会えることが多い。なんでだ?

修善寺の山奥に、こんな楽園みたいなところが!?
riccoさん (Click!) 
全てご自分で作られた、お庭!
すごすぎです。ご自分で枕木や石も運ばれたり、大工仕事まで!
ちょっと見せていただくつもりが、
一度腰をおろしたが最後、暗くなるまで居着いてしまいました。
そのくらい、気持ちの良い場所なのです。
手作りのお菓子や美味しいコーヒーをいただきながら
いろんな方を紹介していただき、いろんな話に花が咲く。

フランスから仕入れてきたお宝も見せてもらうつもりが
暗くなってしまって、見えず。。。(電気がない場所なのです)
次回は明るい時に!