Text Size :  A A A
|  Diary  |  About us  |  Link  |  Contact  |
Img20090202022826
Img1b20090202022826
Img1c20090202022826
近所の姫の沢公園 (Click!) に初めて訪れてみました。
思った以上に傾斜の厳しいハイキングコースがあり
いい訓練場所(夏登山シーズンまでの)になるな、と二人でニヤリ。
軽いトレッキングに大満足でした。

まだ寒々しい山の景色の中に
良くみると春の気配を感じさせる植物達がたくさん。
春の訪れを昔より早く感じるようになったのは
環境が変わってきているせいでしょうか。(年齢か?!)
冬の短さを感じます。
Img2a20090202022826
Img20090202032157
Img1b20090202032157
これも姫の沢公園で出会ったやつら。
へんてこな物体。
Img20090204010303
私たちは「チンチラ」という動物を飼っています。
なかなか、へんな生き物で面白いです。
ねずみの仲間なのですが、
あまりねずみらしいところがありません。
食べ物も草系しか食べないし。飛ぶし。鳴くし。
動物がいると、やっぱりホッとします。
何を考えているかわからない生き物との対話は
楽しいです。
Img20090204011158
Img1b20090204011158
トマト農家の加藤さん (Click!) からわけていただいた「割れトマト」。
ミニトマトの収穫の際、割れてしまったものは市場に出せないので
ご自分のところで食べたり、保存したりして利用されているそうです。
味は割れてないのと全然変わらないのに、本当にもったいない!
大量にわけていただいたので、
水をいっさい使わない「トマトカレー」を
どっさり作りました。
味が濃くて、まろやかで、でも辛い(好きなんで)
美味しいカレーになりました。
感謝感謝です。。。
きっとこの割れトマトのように、おいしいのに市場に出せないという理由で
たくさんの食物達が行き場を失っていたりするのかなぁと思ってしまいます。
人間も見た目じゃぁないですからねぇ。中身なんだけどなぁ~
Img20090204013124
Img1b20090204013124
Img1c20090204013124
丹那盆地にある丹那牛乳。
とても大好きな牛乳です。
そしてパッケージも好きでした。一昨年くらいに変わってしまったのですが。
日本の牛乳パックではあまり見たことがない
懐かしい外国の匂いがするデザインでした。
丹那牛乳を運ぶトラックのデザインも好きです。
Img20090204013827
大量に持っている紙をしまう棚を見つけた。。。(オークションにて)
16個の浅い引き出しがついている!それもA2の紙が余裕で入る大きさ!
特殊な人しか使わないだろうこの棚、
欲しい人にとってはどうしても欲しいものだのだろう。
熾烈な戦いになった。。。
が、これも縁。家にくることになりました。
これでゆっくり紙選びができそうです。
Img20090204203000
Img1b20090204203000
Img1c20090204203000
「死を想う」 (Click!) 
とても面白かった。
映画「おくりびと」を通して「死を想う」
本木雅弘・中沢新一・糸井重里の座談会。

本木さんが15年前のインドの旅で心打たれたことが
「おくりびと」を制作するきっかけになったことに驚きました。
なぜならば、それをまとめた本「HILL HEAVEN 天空静座」
を私が持っていたからです。
かなりマニアックなビジュアル・アート本です。
アートディレクションはED TSUWAKIさん。 (Click!) 
憧れの人達が作ったその本は、20歳の私には
難解で、ただただすごいなぁ~と思ったものでした。
(文なんて読んでなかった。。。たぶん)
20歳の私にはそんな深い想いまで読み取ることは
できませんでした。お恥ずかしながら。。。

今日、久々にその本を出してみました。
15年も前のものとは思えないほど斬新なデザイン。
そして、今なら心に響く言葉の数々。。。
この本が15年たった今もここにあることが
なんとなく意味があるように思えてきました。

「おくりびと」見たいなぁ。
ブルータスの特集「みんなで農業」 (Click!) を購入した。
いよいよ、ブルータスのような雑誌でも農を特集したか、、、と
ページをめくると、びっくり!
知人が載っているではないか!?
それもつい1ヶ月前も「どうしてますかね?」と
彼を知っている人たちと話したばかり。
華やかなファッション業界から
実家の農業を継ぐと聞いた時は
あまりの意外性に驚いたものです。
(白馬の王子のような人なので)
その中に彼が「農業は不況に強いですから。」と
書いてあったことが気になった。

今、不況不況と言われていますが
不況ってなんだろう?!って思う。。。
農業は「天候」によって不作、豊作が
決まってしまうところがあるけど、
今は「天候」よりもずっとタチの悪い
「金融」に翻弄されてしまっています。
天候の良し悪しは平等にみんなに起こること。
現代は不公平じゃ。。。

自然を神とし、そして豊作を祈った
その時代にまた戻る日も近い!?
今はどこへ祈っていいか
わかりませんからねぇ(笑)

やっぱり「みんなで農業」ですかね?
Img20090213131633
「イ・オルディ350」で (Click!) 
一年前に購入したタイプライター。
友人の名刺のデザインに使うためにやっと日の目を見た。
なんともいえない音が鳴り響く。
昔はこれをみんなが一斉に打ったりしていたんだろうから、
相当な音が鳴り響いていたに違いない。

「イ・オルディ350」
友達に紹介してもらって伺ったのだが、
それはそれは。。。もう素晴らしいご趣味!!
お部屋のインテリアも和洋折衷、
ここは昔の長崎の出島か!?と
思ってしまうくらい!
先日は友人のお店で (Click!) 
イベントをやられていました。
体調崩してたので行けなかったのが残念。。。
Img20090213132904
このキャンディ、激ウマ! (Click!) 
友人が私の大好きおやつ、といって差し入れてくれた。
どこで売ってるんじゃ!?
キャンディというか、
日本のハイレモンのような
タブレット状なので最初ラムネ?と
思って食べてみると濃厚なミルク味。
噛んで砕くと最後には
ねちょっとした感じが残り
なんとも新しい食感。
MADE IN ITALY!
なかなか、やりますな。。。
Img20090213135313
Img1b20090213135313
面白いご縁があり、
まだ会ったことのない
能登に住む彼女を訪ねた。
(旅のコーナーでアップするつもりです)

初めて会う私たちに
一番にしてくれたことは
能登のもので作った、手作りの暖かい朝食を。
それも今日はお正月!?っていうくらいの品数。
そこには冬の食材と、
春の食材がバランス良く饗宴。
朝早くからみなさんで手をかけたお料理を
私たちの為に。。。
このおもてなしには一同すっかり参りました。

そこで私の散々な食生活(恥)のことを話すと
言われた言葉が
「生きることは食べること」
深い。。。深すぎるこの言葉が
ぐぐっと私の心にを突き刺しました。。。

生きることとはは何か?
考えさせてくれるきっかけを
いただきました。
改心して(笑)日々勉強中です~
Img20090213144031
Img1b20090213144031
Img1c20090213144031
iPhoneを使っているのですが、
内蔵カメラで撮った後、色々な加工ができる
ソフトがたくさんあるのです。
すっかりはまってしまって、撮りまくってます。
なんてことのないものにも
味がでてきます。
昔、ロモカメラにはまった私としては
楽しい楽しいおもちゃです。

Img20090213142920
Img1b20090213142920
Kannami Labo.さん (Click!) 
ご近所をいいことに、またお邪魔しました。
1ヶ月前に来た時よりも、工房から見える山の景色は
確実に春に向かっていました。

今回は祖母の形見の椅子が
ちょっと壊れてきていたので
修復したほうが良いか?それとも何か別のものに
するか?という相談をさせてもらいました。
祖母が絵を描く時に使っていた椅子なので
イーゼルにしたらどうだろうか?という話になり
今度椅子を見てもらうことにしました。

それ以外にもイニシャルブローチを
実験的に作ってもらうことに。
大事にしていた古い木と真鍮でできた
イニシャルブローチを先日落としてしまったのです。
それと似たものができないか?と
こちも相談にのってもらいました。

いろいろできてくるのが楽しみです。
Img2a20090213142920
Img2b20090213142920
Img2c20090213142920
Img20090213173419
この間Kannami Labo.さん達が
海のゴミ拾い活動をされている話を伺った。
ゴミ拾いをされていると、
おもわぬ宝物に出会うらしい。
見せてもらったのは電球だった。
波で変形してしまったのか?
それとも元々そんな形だったのか?
わからないが、長い間暗い海を一人
どんな旅をして
ここまでやってきたのか?

私もよく拾いもの(ガラス、陶片、
貝殻、流木など)を
集めに海へでかけていた。
ゴミは人によっては宝になるもの。
そう思うとゴミ拾い活動、
やってみたくなった。

陶片のことを調べていたら
このサイトに出会った。 (Click!) 
びっくり!奥が深そうだ。。。
なぜ広島には
こんなにあるんだろうか?!



Img20090221034825
Img1b20090221034825
まいりました。
このパッケージとネーミングに。。。
富士宮のお肉屋さんで出会いました。
もう一目惚れで即購入。
味がどうだとかそんなことはどうでもよい。
帰ってきてネットで調べてみたら
結構有名!? (Click!) 
右側の写真「超高級味覚の極致」って。。。
どんなソースなんじゃ!?
これ作ってるところに行ってみたい。。。

Img20090222164817
今年はバタバタしていて、
だ~~れにもバレンタインチョコを
プレゼントできませんでした。
が、女子の私に素敵なチョコを届けてくれた友人が!
ピエール・エルメのチョコ!
さすがフランス。。。
アフリカンなお面のデザインのチョコ。
彼女は私の好みをわかっているようだ。。。
パリにある「ケ・ブランリー美術館」 (Click!) 
思い出す。
その時の写真も載せようと思ったら
去年の保存用HDのクラッシュにより
紛失したことを思い出した(涙)
Img20090222171259
Img1b20090222171259
いとこが1歳になる赤ちゃんを
連れて遊びにきてくれた。
まだ話すことはできないが、
何か一人でぶつぶつ話していた。
友達の犬がやはりフンフン言って
何か話していたがそんな状態。
この頃の人間の目って
どうしてこんなに綺麗なんだろうと、
いつも思う。
どうか汚れないでおくれ、、、って
思うのだが。。。
下の写真は20年前は同じくらい
かわいかったアメリカに住むいとこ。
ハーフだから、それはもう子供の頃
かわいくてしにそうだった。
5歳の頃の彼をYouTubeで発見! (Click!) 
これには驚いた。こんなところで再会できるとは!
その彼ももう20歳。
学生なのに会社まで立ち上げたそうだ。
日本語ができないので
会話ができないのが寂しい。。。
Img20090222184538
いつもお世話になっているお客さんの展示会で
葉つき人参をディスプレイしたいと連絡があった。
普段から家の近所では目にする機会もあったが
なぜかどこで売っていたか?は覚えておらず
近所の野菜直売所を彷徨った。。。
もう日もくれようか、というとき
近所の農家の方の直売所で葉つき人参を発見!
そこへ農家のおばあちゃんが。
こういう事情で新鮮なかわいいのが欲しいと
話したところ快く畑へ連れていってくださった。
「好きなのをもっていきなぁ~」と
言ってくださったので遠慮なく
たくさんのかわいい人参を選ばせてもらった。
人参は葉つきが絵になりますなぁ。
野菜の展覧会やってみたいなぁと
思ってしまう。
野菜の美しさ、再発見。

Img20090222184836
Img1b20090222184836
蒸し野菜は簡単で栄養もとばず、美味しいし最高だ!
たくさん作ってはいろんなものに、乗っけて食べたり
ソースを作ってつけて食べたり。
冬は根菜が美味しいのでたまりませんな。
Img20090222191008
Img1b20090222191008
Img1c20090222191008
先日遅い新年会をこのお店で (Click!) 開催しました。
友人がここのお店を決めてくれたのですが、
「旨くて安い!」大変気に入りました。
1月に移転OPENされたばかりだそうです。
三島広小路駅徒歩30秒くらい。
あぁ、家が近ければちょっと一杯な感じで
寄れるお店です。
カウンターだったので、色々うるさく
話しかけてしまいましたが(笑)
オーナー(元Jリーガー)も気さくで、
お料理の説明やレシピまで
教えてくれたりして楽しいお店です。
PIZZAの薪釜があるので
それで焼いたPIZZAはもちろん
沼津からの新鮮な魚介を
この薪釜で焼いた品々が絶品!
薪釜が欲しくなります。。。



Img20090222192117
Img1b20090222192117
友達の眼鏡屋さんで
ショップカードやロゴ、パンフレット等の
デザインをさせてもらうことに。
その打ち合わせに出かけてきた。
3月中に完成予定!
楽しみダス。
お茶を「点てる」という漢字がまさか「点」という字だとは
思わなかった!と、先日お茶を習っている友人と話をした。
何故この字が使われているのだろう?
と疑問なままに話は終わっていたのだが
たまたまこの間お茶を習った先生のブログを見ていたら (Click!)
「点」の字についての考察が書かれていた。
とても興味深い内容。。。
今「言霊」「神社」など、古い日本の精神世界に興味があり
色々な本を読んでいるのだが、「古事記」もそのうちの1冊。
全て存在にはその背景に深い深い歴史や信仰があったりするのが
面白い。それを知るとますます面白くなる!
学生時代は歴史など大嫌いでちっとも勉強しなかったのになぁ。

Img20090228003046
Img1b20090228003046
「おくりびと」オスカー受賞!
これでこの近辺でも映画館で見られそうです。
はよう、見にいきたい。。。
「つみきのいえ」は
早速アマゾンでDVD注文。
どちらも感じることが
たくさんありそうな
作品だなぁと思います。

ここのところ、
日本は暗いニュースばかりだったので
なんだか日本全体がパッと
明るくなった感じがしましたねぇ。
Img20090228004445
Img1b20090228004445
Img1c20090228004445
カタログ撮影の為、千葉某所で終日撮影。
撮影場所イメージは「アフリカ、大地、草原」といった感じ。
それにしても、寒い。どう考えても夏ではない。
重たい雲に覆われた雨期のアフリカ?!と思いたい。。。
それにしてもモデルさんは大変です。
このくそ寒い中で、
暑さを表現しなくてはならんのですから。
そんな中、
動物に囲まれた一日でした。
(他にウマもいたし、遠くからウシの声も。。。)
心もなごみまする。。。
Img20090228003331
Img20090228005806
Img1b20090228005806
蟹の爪の身を剥がしたら
こんな美しい部分が出てきた。
今まで全く気づかなかったが。。。
これは骨にあたる部分なのだろうか?!
昔、顕微鏡にはまった時期があった。
なんというか、全てのものをミクロで見ると
それはそれは綺麗な模様なんですよね~。
そこいらに落ちてるものなど
適当にあれやこれや見ましたが
どれもいろんな形してて面白かったなぁ。

う~む、久々にのぞいてみたく
なりました。
Img20090228004951
Img1b20090228004951
いつか自分たちの工房ができたら
このブリキのアルファベットを看板にしようと思って
とってあったのを思い出した。
しばらくは無理そうなので、
ちょっと飾ってみた。
暗くて雨しとしとのこんな日は
いい香りのキャンドルをこの時とばかりに
じゃんじゃん焚いて、脳を刺激してもらった。
香りって脳に直結ですな。
仕事はかどります。
Img20090301155718
Img1b20090301155718
フキノトウ、家の庭にないだろうか。。。って
思っていたら、発見!
これでフキミソを作れるぞ。
とりあえず、今日はお味噌汁に。

気温が上がってくると、
トマトを大量に食すようになりますな。
トマト好きとしては
いい季節になってまいりました。
いつもの加藤さんのトマト。
Img20090228004752
Img1b20090228004752
Img1c20090228004752
手紙ってやっぱり嬉しい。
毎日、郵便BOX開けるたびに期待してしまう。
今は昔とちがって手紙が届くことは少なくなってしまったが。
疲れが飛んだ。フランスからの手紙。
内容もさることながら、便せんとして選んでくれた
紙や小さなカードにやられた。。。
アンティークの紙達。

「GRAVEUR」とは型押し屋のこと。
100年以上の歴史がある仕事だ。
石けんや香水のラベル、
封筒や便せんなどの家紋やイニシャルを
デザインした後、
手で彫った型を(かなり細かく職人技が必要!)
一枚一枚刷る仕事。
昔はたくさん職人さんがいたそうです。
工芸的な印刷屋といったところでしょうか。
今ではパリに数件しかできるところは残っていないそうです。
機械化されたものの安さには勝てないものでしょうか?
これは日本も同じ問題がたくさんありますな。

この職業を知ったのは平澤まりこさんのこの本。 (Click!)

この本を読んだあと、
プチミュゼさんと開催した「フランス、古い紙のこころ」展に
平澤さん (Click!) が来てくださった時は驚いた。。。
それも葉山にあるギャラリー「haco」 (Click!) さんとご一緒に。。。
あたふたしてしまってあまりお話ができなかったが。。。

それにしても昔の印刷の味わい、大好きです。
1900年くらいに戻りたいなぁ。